〒651-1401 兵庫県神戸市北区有馬町259
TEL:078-904-0154
Mail:info@yoshitakaya.com

CATEGORY

×

CATEGORY

HOME»  ルーツの『カメ印湯の花』について

ルーツの『カメ印湯の花』について

有馬温泉の「湯の花」が何時から利用されてきたのか 定かではありませんが、 1851年(嘉永4年)には米屋(河村)四米郎兵衛という人が、薬用入浴剤として袋詰めし江戸・京・大坂に売り出したと言う記録があります。 吉高屋店主吉田儀三郎はこの「湯の花」に着目し 、1890年(明治23年)より「湯の花」の採取精製法の研究に着手、所有敷地内に土管で源泉を引き、30坪程の沈殿池を設置し 、生産体制を作り上げました。種々の試行錯誤の末「湯の花」の 精製に成功し、内務省衛生試験所の試験の結果1893年(明治26年)5月官許を得、「温泉堂」名義で 『有馬温泉原薬カメ印湯の花』として発売しました。精製した沈殿物を打ち叩いて粉末状にした湯の花は、評判を呼び、海外からもリピート注文が入る程好評を博しましたが 、1947年(昭和22年)神戸市との合併による有馬の泉源所有権の神戸市への移管に伴う諸般の事情で、惜しまれながら製造を終えました。約55年間製造販売されました。 商標のカメ印は有馬温泉の鎮守湯泉神社の御紋に因んで創作したもので、弊店よりご奉納致した大黒様は今も境内に鎮座致し、台の石にはトレードマークの亀と「湯の花」 の文字が刻まれております。

昔の湯の花のディスプレイ
昔の湯の花のディスプレイ
摂津有馬町温泉堂のロゴの判子
摂津有馬町温泉堂のロゴの判子
カメ印湯の花の効能書
カメ印湯の花の効能書
昔の湯の花の原料
昔の湯の花の原料
カメ印のブログ
有馬温泉うんちく情報

CONTENTS

CATEGORY

有馬サイダー
有馬温泉観光協会サイト
Fell KOBE